千葉市議会議員 小松崎ふみよし

稲毛区から市政へ・・・ 千葉市議会議員 小松崎ふみよし

政策

安心・安全に暮らせる街づくり(防災・防犯対策)

近い将来、関東では大規模地震が起こるであろうといわれています。被害を最小限に食い止めるためにも住まいの耐震化促進や災害時避難場所の十分な確保が必要です。一方、犯罪が多発化・凶暴化する傾向にあり、スーパー防犯灯の設置を推進すると同時にセーフティーウォッチャー制度の支援など地域コミュニティーの再生によって犯罪を未然に防ぐ街づくりを目指します。地域コミュニティーの再生は防災の際にも大きな活躍が期待できます。また、地域防犯の空白地解消には駐在所を誘致してまいります。

健やかな子ども達を育てる環境育成(少子化対策)

近年、急激な核家族化とともに地域コミュニティーが崩れ、子ども達と家庭を取り巻く環境が大きく変化しました。次世代の「ちば」を担う子ども達のために も、子育ての地域での支援体制や仕事との両立にむけた環境が求められています。そこで、育児奨励制度の充実や学童保育の拡充によって子育て家庭の負担軽減 をはかるとともに、幼稚園・保育園や医療機関と連携した子育て支援制度を拡充してまいります。また、学校における学力と教員の指導力・支援体制の向上を実現します。

ひとにやさしい街づくり(福祉対策)

域コミュニティーの衰退や社会保障の厳しい将来性など、多くの人が今後の生活に少なからず不安をおぼえています。誰もがいきいきと生活するためにその経験と能力を生かして社会参加できる街づくりがだいじです。そのためには、市立病院の機能強化や介護制度の充実のみならず健康増進や予防医療の充実をはかってまいります。お年よりが保険・医療・福祉などの社会保障サービスを気軽に受けることができる環境づくりに努めます。そして、公共施設や中高層住宅などにおけるバリアフリー化を促進してまいります。

生活しやすいインフラの整備(交通対策)

急速な市街地化が進んだこの地域は交通量に比して十分なインフラが整っていません。特に国道16号線および、千葉北インター出口付近の慢性的な渋滞はこの 地域の計画的な発展を阻害してきました。これら渋滞の解消に16号線の市街化調整区域における重点的な拡幅、インターにおいては出口付近の改良を推進しま す。そのほかにも交差点の右左折レーンの設置や歩道の整備によって渋滞の緩和をはかりつつ、歩行者の安全も確保してまいります。また、公共交通機関の整備と拡充によりいわゆる陸の孤島を解消してゆきます。

政策ジャーナル
ご意見・ご要望
行動派宣言
バナー

小松崎ふみよし事務所

〒263-0002
千葉県千葉市稲毛区山王町112-1
TEL: 043-424-0001
FAX: 043-421-6667
E-mail: info@2344.jp